diary Index 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
  1月 1月 1月 1月 1月 1月
  2月 2月 2月 2月 2月 2月
  3月 3月 3月 3月 3月 3月
  4月 4月 4月 4月 4月 4月
5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月
6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月
7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月
8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月
9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月
10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月
11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月
12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月
2006年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
6/30 おんぶ紐
この頃、変わったおんぶ紐を見かけます。母親の背中の後姿に20センチほど幅の斜めの布。前には赤ちゃん。東南アジアでそのあたりにある布で赤ちゃんをおぶっているようなそんな姿がダブります。横抱っこに近い感じです。最近の危ないニュースを聞くとますます後ろ抱っこができない世の中…。赤ちゃんは母親の温かさを感じて安心しているに違いありません。
新聞のニュースに出生率増加の兆し。ホント?猪口大臣はサーヤが結婚したことなどを諸々の理由としていましたが、もし万が一出生率増加が事実だとしてもそれは数ヶ月単位での超短期での兆候のこと。
6/28 オーラの泉
たまに見るTVの番組です。今日のゲストは宮本亜門。高校生の時に不登校2年。後から語ると今の成功があるから明るく語られます。今の成功からすると高校生の時2年間の不登校が考えられません。両親が苦慮し、最後母親が「高校にはもう行かなくてもいい。だけど病院に行って。」そして精神科を訪れた彼はすべてを受け入れてくれる、自分を認めてくれる世界を知り、すぐ高校に通い始めたとのことです。そして自分はたまたまこうだったけれども他の人たちがこういうふうにあてはまるとは限らないと説明していました。でも自分のことを認めてくれる人…というのはキーワードです。
先週のゲストは岡崎朋美でした。彼女の場合、この番組に出たいと言っていたのが番組制作者の耳に留まっての出演。素の彼女を見ることはなかったのですが、とてもエネルギー、オーラのある方、パワフルです。子ども生まれたら「とてもいい母親になる自信があります!教育ママです!」教育ママになることがよい母親になることなのかどうかはおいておいて、言い切れる強さに屈服。それを聞いた美輪明宏「子どもがかわいそう。」とぽつりと。「火が好き。」という彼女に「火の玉女」だったという判定。エネルギーの源はそこ?私も火が好きだけれど、そのパワフルさ分けて欲しい…。
6/27 娘、遂に成人
早いものです。今年も学校で友人たちに祝ってもらったとのこと。今年は友人グループと過ごすということで、私が娘のために初めてホールのお誕生ケーキを買わなかった記念の年となりました。
6/25 テレビ
朝「題名のない音楽界」を見る。河村隆一がオーケストラをバックに歌っていました。安全地帯の歌、尾崎豊の歌、そしてオペラ「誰も寝てはならぬ」。(トリノオリンピックで荒川静香が選んだ曲。)本田美奈子がアイドル、ミュージカル俳優からクラシックに入っていったように、彼もまたジャンルを超えて挑戦しているのを感じました。ちなみにオペラにはまったのは大好きなフェラーリからのイタリアつながりだとのこと。声…耳障りだったその人独特の声が気がつくと逆にチャーミングになっていたりすることがあり不思議です。
夜は東京12チャンネルに落合努さんが出ているので見る。赤坂のグラナータのシェフをしていたのを知りました。私がイタリア料理を初めて食べておいしいと思ったのは20数年前のグラナータでした。落合さんが岡山のチーズ生産者を訪ねます。横で見ていた娘がその人を見て、情熱大陸に以前出ていた人だといいます。二人の共通の意見、自分のできる量というのは限られているのでそれ以上広げないこと(身の丈で)とのこと。人気がでれば人数を増やして量産したくなるものの商業主義にならずできる範囲に収めるからこそ品質維持できるのですネ。
6/13 横浜ツアー
Sさんが上京。横浜市大訪問のため金沢八景駅で待ち合わせ。京急?シーサードライン?で迷いやっと会えたと思ったらシーサイドライン閉まりかける電車に私だけ飛び乗り次の野島駅で待つ。本数の多いシーサイドライン、そんなに急いで乗る必要もなかった…。Sさん、今日は迷子になるかも、と弱音を吐く。八景島シーパラダイスただ今あじさい祭をやっているが時間がないのでパス。シーサイドライン全線走破してJR乗り継ぎ中華街〜山下公園〜みなとみらい。Sさんはクィーンズタワー地下3階みなとみらい駅から都内のホテルへと帰っていきました。みなとみらい線は便利です。
イルミネートされたクルーザーではディナー? 山下公園からシーバスに乗りみなとみらいぷかり桟橋まで。
赤レンガ倉庫、ランドマークタワー、観覧車が見えます。
コスモワールドの観覧車に。
ランドマークタワー、クィーンズタワー、その手前にコスモワールドのアトラクション。観覧車の直下にはライブドアの中古車センターあり。
横浜ワールドポーターズ(六角形の形!)、ジェットコースター。
このあと、万葉の湯の屋上も見え、歩いている人がいました。
まさかまっぱじゃないでしょ。
6/9 豪憲くん事件
毎日報道されています。犯人が殺害を自供しました。自宅に呼び入れ、その姿を見ているうちにやってしまったということだけれど、これまでずっと嘘をついてきており、彼女の話す内容は信じられません。逮捕までも”もの言う容疑者”でした。
豪憲くんはどうして殺されなければならなかったのでしょうか。もし、豪憲くんの親だったら、具体的に存在する危険な隣人の魔の手から子どもを守る方法はあったのでしょうか。事前に兆候を感じなかったのでしょうか。亡くなってしまった今こんなことを言ってもしょうがありませんけれど。犯人が殺人を自供して、今後の興味はは謎だらけの彩香ちゃんの事故/事件の真相です。
豪憲くんがいなくなった夜、犯人の実家に豪憲くんの父親が電話をかけています。父親はひょっとして彼女は何か知っていると感じたのでしょうか。また、彩香ちゃんが亡くなり、豪憲父は彩香ちゃんが豪憲くんと遊んでいる様子を撮ったビデオテープをプレゼントしています。ニュース番組では仲良く遊ぶ二人の姿と説明しますが、豪憲くんの家の軒先に置いてあったシャボン玉の遊び道具を彩香ちゃんが当たり前のように?あるいは遠慮がちに?「豪憲くん、貸して。」と使い始めてシャボン液をどぼどぼ受け皿に入れて心なし豪憲くんが止めに入っているような。そしてそんな様子を撮っている親。訳もないことに犯人はむかついたのかもしれません。
それにしても田舎は恐いです。誰がいつどこで何をしていたか、情報が集まります。車があれば在宅がわかり、何時何分にでかけていったとか、いつもは閉まっているカーテンが開いてたとか、大きな荷物を車に積んでいたとか、道に車を停め考え込んでいるようだったとか、ゴミの中身ははカップめん、レトルト食品の空容器ばかりだったとか、彩香ちゃんは寝坊して泣きながら朝学校に走って行ったとか、何も作ってもらっていなかったとか、誰かが来ると家から出されていたとか、七五三で写真を撮りに来た時は汚い格好をしていてふけだらけだったとか、…。そんなところには絶対に住みたくありません。
この日は渋谷に映画を観に行きました。渋谷で働く友人といっしょに観ることになったのですが、彼女と渋谷で会うのは大学卒業式の日以来と判明。オドロキ。
6/4 Kからの写真・子育てコスト考

今日はダッチ・オーヴン料理本をオーダーしました。お粥がおいしくできるとか。ダッチ・オーヴン持っていませんが昔から興味があるのです。家の中で使ったら変かな。
ニューヨーク夜景 ニューヨークの夜景。 セントラルパークにて。
写真右下:ピーカン!サイパン
こんなに天気のよいところが世界のどこかにあって、行きたくなってきます。
サイパン。 ニューヨークで買い物中。
写真:ニューヨーク
セントラルパーク?お買い物中。
今日の朝日新聞に”夫婦でともに働いたら子育てコストはどうなる”横浜で7才女の子と2才男の子を持った場合の毎月の試算がありました。夫婦の働き方形態は、すべて夫が正社員で、(1)妻パートで46,400円。2歳児の保育料と7歳児の学童保育代。(2)妻正社員で週3回夜8時までに帰宅可能 110,700円。2歳児の保育料+サポートシステム、7歳児の学童保育+習い事と送迎代。(3)妻正社員で残業ありで週3回夜10時まで帰宅可能 201,600円。2歳児の保育料、ベビーシッター代、7歳児の学童保育+シッター代。これはあくまで基本料です。
先月のTVニュースで、両親が仕事で外出中に自宅が火事、子どもが母親にSOSの電話をかけ、母親は早く逃げるように指示したものの不幸な結果になりました。逃げ遅れた3人の子どもたちの年を聞いてびっくり。確か…1才〜7才までの3人兄妹でした。1才の子といえば大人がそばにいて世話を必要とする乳幼児です。子どもを預けず家に置いておけば上記のような費用はかからずにすむとはいえ。いまだに日本は”おしん”の時代のように貧しいのでしょうか。三つ子の魂百までも。子ども時代にたくさんの愛情、かけてかけ過ぎということはありません。考えて産まないのか、産んでから考えるのか、人生設計思い描いたように進めていくのか、なりゆきコースでいくのか、なのでしょうか。
6/3 テレビねた
夕方、平野レミの案内でジャニーズ無名系を横浜中華街付近の店連れて行く番組(テレビ朝日)を見ました。お粥の安記では、「化学調味料を使っていないから物足りないかもよ。」と平野レミは言う。(たぶん、お粥を食べる前にも何軒かこってり料理を食べてきたはず。)ジャニーズが「うま〜い。」と言うと、「ちゃんとした”べろ”を持っている。」と彼女は褒めていました。とりあえずそこそこプロのお店だったらちゃんとだし、スープを取るのが当たり前じゃないの?安記では鶏ガラと豚ガラでスープを取ると紹介されていたけれど、それって普通じゃないの?おまけにお粥は海鮮だったのでイカ、エビ、貝柱から旨みがでるし、油條ものっていたし、物足りないはずない。あいかわらずの彼女のしゃべりのペースで疑問をはさむこともなく番組は進んでいく。JR元町駅近くの洋食屋の美松(こんなところにお店があるんですね。)、それから隣花苑!お得な3,500円のコースを食べていました。かなり、それまでいろんなお店を回ってきていたはずだけれど、隣花苑で3,500円だとランチ?やっぱり横浜はいいです。
夜のTBS「厨房ですよ。」のゲストは木佐彩子元アナ。4才の息子は双方のジジババが日頃から可愛がってくれているとのこと。姑が聞いたことのない歌を歌っていてビックリしたとか。その歌は「赤い靴」。子どもが小さい時に子守唄がわりにこの歌を歌うと、他の童謡と違い(歌詞がわからずとも)メロディーがもの哀しいので、「その歌はやめて。」と言ってきたような気がします。そう言われると、また歌いたくなってしまうものでした。親としては誘拐されずに大きくなって、と願い、怖い人がいるということを知らず知らず教え込むことができる貴重な歌です。娘に訊ねてみると、異人さんは”イージーさん”(固有名詞)という怖い人がいるとずっと思っていたとか。
ちなみに番組がこの日作った料理はワールドカップを前にしてカツサンド。ソースは、ソース、ケチャップ、辛子、レモン汁で、パンにはさむ前にカツをドボンと浸してました。肉が厚め1.5cmだったのに揚げ時間が足らず、レア。司会者、ゲスト、食べれませんた。星なし。(カツサンド、切る前に思い切り体で重みを加え(それじゃ、パンがつぶされてまずくなる。)、切った後汚れたまな板を恥ずかしいからとカツサンドの底辺で拭う(それじゃ、不衛生。)ゲスト、かなり天然度高かったです。バラエティ向きです。
6/2 息子無事帰国!& 娘は二度目の解剖実験
夕方成田から電話がかかってきました。とっても楽しかったとのこと。ふだんアメリカの服を買うことが多いので、現地でとても安く買えたとゴキゲン。パスポート提示を要求されることが多かったけれどカードもバッチリ使えたそうです。
去年に引き続き、娘ははつかねずみの解剖。今回は事前にある程度元気をなくしておいたラットに麻酔を打ち…、どうにか最後までやり通すことができたとのこと。今回は黙祷をしそこなったらしい。ひとり黙祷。
6/1 倖田來未のベスト版CD plus gym!
を娘に×××してもらったので聞いてます。いちばんのお気に入りは"Come with Me"!聞いていると以前見に行ったa-nationのステージが甦ってきます。もちろん、黒帽子、黒タンクトップのKのダンス姿です。
娘がgymに通い始め、visitorとして行ってみました。マシンでジョギング、バイク。マイテレビを見ながら45分あっという間に経ちました。好きな番組を見ながらだと、いいみたい。娘は「唄ばん。」と「みなさんのおかげでした。」を見ながら。私はもっぱらニュース。この日のニュースは下がり続ける出生率1.25と年間自殺者数。政府の少子化対策は機能していないということ。今後は、行政サイドが希望制で対個人に細かく対応して、妊娠すれば妊婦受診、出産、100%入所を保証する保育園の手配と一つ一つフォローでもしなければ出生率はあがらないかも。本気で少子化に歯止めをかけたいのであればここまでしなければ。
それからサウナ、ミストサウナ、ジャグジー、シャワーして帰宅。夜は熟睡と思いきやなかなか寝付けませんでした。
pageup