diary Index 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
  1月 1月 1月 1月 1月 1月
  2月 2月 2月 2月 2月 2月
  3月 3月 3月 3月 3月 3月
  4月 4月 4月 4月 4月 4月
5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月
6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月
7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月
8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月
9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月
10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月
11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月
12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月
2007年5月
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
5/31 再び、魚豆根菜やまもと
帰る時には大雨。この頃体によい食事を求める息子、料理を学ぶ娘に食べさせたかったのだけれど、早かったみたいです。
にんじんゼリーの上にごまだれ。 グリーンピースでしたか?
固めたもの。
お刺身です。
山菜てんぷら。 桜海老のかきあげ。 かますのひもの。
桜海老のたきこみごはん。 麦の雑炊。 サマーオレンジのゼリー。
5/30 訃報
松岡農水相の自殺…最後の最後まで国民へ裏切りを貫き通しました。ZARDの闘病中の事故死?早過ぎます。
5/25 横浜東口で2才児刺傷事件

平日午前中の事件。刺傷なのであまり大きく報道されなかったようです。2日前同時間帯通っていた場所。娘はバイト時頻繁に通るところ。人がまばらなところも怖いけれど、大人数が集まるところも怖いです。(後日、この現場に居合わせ、幼児の救命にあたった看護師と犯人《女性!》を取り押さえた警備会社員が表彰されました。)

5/23 健康診断とイタリアンガーデンバーキュー本

1.健康診断。横浜駅東口そばのビルの人間ドッグを専門にしている施設。きれい。先進の。2方向に開いた窓からは南はランドマーク方面、東は海の景色が広がる。そして何よりも待たせない方針で作ったとのこと。苦手なバリウムはやはり苦手でしたが、以前の飲む量の半分以下になったので助かりました。
2.この頃、料理に挑戦するという息子のために料理本を買う。バーベキューの本があったので、ぱらぱら見る。マチェドニア、へぇ、そんなデザートを紹介するんだ、と意外に思い、ぱらぱら。見覚えのある顔。マチェドニアを習った師匠じゃん。おいしそうなレシピばかりだったのでその本も購入。
3.タイ料理のこれまた師匠が来日しているので歓迎会に出席。バリウム摂取の体にはちと応えるもののかなりワインも飲んで、電車もどうにかぎりぎり乗り換え駅停車中に目が覚め無事帰宅。

5/17 タイからのゲストシェフ

Grand Hyatt Erawan Bangkokがオープンするとか。そこでシェフのSarawut Imsap氏が料理の腕を六本木でふるいました。
ふだんは中華料理を出しているというレストランがタイ料理を。ふーん、ふーん。8人テーブル席男性2名、女性6人(群がる?)や、かなり下品な帰国子女を横に、久しぶりのタイ料理三昧でした。メニューは定番のものばかり。全体的に塩辛い!こくがない!もちろん化学調味料は使っていないのでしょうが、魚介類、肉からのだしが出ていません、と。
カレーはただ辛い。グリーンカレーには漬物にしたらいい感じの小ぶりの茄子がごろごろ。レッドカレーには巨峰(大きめぶどう)たっぷり。よく、カレーライスのライスにこじゃれてレーズンを入れたバターライスがあるけれど・・・。あれがヒント?!
デザートは、甘さ抑え目。バナナはえぐみがピュレにでてしまっているし、もち米はココナッツクリームの濃厚さがでていないし。
タイ料理は高級になってしまうと、私好みでなくなってしまうのかな…。このお店が近所にあったとしてもリピーターにはならないでしょう。
シェフが各テーブルを回っていたのでしっかり来ていただいて、お愛想で「おいしい。」と無理して言いました。どうせすぐバンコクに帰るでしょうし。
隣の席に年配のご婦人がいたのですが、私たちより先に来ていながら給仕が遅れたのもあって、席を立ちながら「いちばんおいしかったのは、お茶ね。」と、こそっと言っていました。私以上の辛辣さ?かもね。

少し早めに着いたので、
食前酒でヴァレンシア
手前のグラスはグリーンパパイヤのサラダ、奥は牛肉のスパイシーサラダ たれ2種と、右からスパイシーな豚挽き肉サラダ、春雨・小海老と豚挽き肉サラダ・タイ風さつま揚げ。 トムヤムクン
写真中央右:かも肉のレッドカレー、左:牛肉のグリーンカレー、手前右タイの蒸し煮チリライムソース、左焼きソバ。 鳳仙花の温かいお茶 しばらくすると中の花が開き浮かんできました。 デザートは右から、パンプキンカスタード、マンゴーもち米添え、バナナのココナッツクリーム
5/10 つつじ
勤務先の近くのつつじです。
夜通ると、ライトに照らされている付近だけ花が咲いています。昼間と勘違いして花が咲くのか、暖かくて咲くのでしょうか。
後日、朝通ってみると、ライト付近には花が見当たらず、それ以外のところの花が咲いていました。完全に時差ぼけになっているようです。
5/8 魚豆根菜やまもと
仕事帰り恵比寿で。雑誌で知ったお店。とにかくからだによさそうな料理、料理。6時半にいちばんのり。徐々に満席に。春をいっぱい食べました。
野菜スープは、黄にんじんとだしだけのもの。 ナスタチウムの花が浮かんでいます。 豆あじ、花豆、ミニコーン。玉ねぎの小さいようなものはのびる。 鯖、きんめ鯛の藁蒸しと蛸。
桜えびのしんじょうの吸い物。 蕗の煮たもの、豚肉のチャーシュー
穴子の稚魚のれそれ。
野草、鱒焼き(大根の花)。
鍋はいろいろ野菜、豚肉旨煮の汁を吸い込んだような麩、ぷりぷり麦。 取り分けていただきます。春の山菜・こしあぶら、豆など。 トマトと筍の雑炊です。
5/3 オリエント急行幻想の旅 草野満代
お正月に連夜放送されたものが連続で放送されました。アガサ・クリスティーで有名なオリエント急行。オーストラリアの東海岸も走っている電車ですが、やはり本場はパリからトルコへ。草野満代の衣装が高級そうでした。どこのブランドだったのか・・・。
pageup