diary Index 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
  1月 1月 1月 1月 1月 1月
  2月 2月 2月 2月 2月 2月
  3月 3月 3月 3月 3月 3月
  4月 4月 4月 4月 4月 4月
5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月
6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月
7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月
8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月
9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月
10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月
11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月
12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月
2009年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1/31 さよならキャンパス

娘が大学まで行ってくれない?と言う。すべての授業が終了し、ロッカーに預けている白衣やらその他の荷物を回収したいとのこと。本人自習でまだまだ通うらし

いが。せっかくなので往復車を出す。娘の大学4年間とは実に、実に、私にとっても速いものでした。

1/30 もりだくさんの銀座

久しぶりの悪天候。めげずでかけます。

ロンドンから一時帰国中のKさんと東京駅で待ち合わせ。イルギオットーネ、予約困難のレストランです。開店11時早々入店。予約を入れられない2000円ほどの

ランチをオーダー。予約できるのは4000円を超えるランチから。ボリュームたっぷり・・・。雨の中、続々入店する女性群です。きっと皆さん、朝食抜きか軽めに違いありません。

パンとサラダ。サラダには焼き蓮根、焼き金時にんじん、きのこなどが下のほうに埋まっている。 パスタorリゾットから、トマトのパスタ、アマッチャトリアーナ。きのこ、パンチェッタ入り。熱々なのがうれしい。 カシスのソルベとコーヒー。

満腹後、休憩しつつ、ふと着物の話題になり、はたと「らくや」を思いつく。確か・・・東銀座でした。でもどこ?実は「らくや」という店名も覚えておらず。いいかげんな店名で東銀座で聞きまくります。コンビニ、「きん」さんの名札に問い合わせをやめる。地元っぽい方の「着物やさんならあの角にありますよ。」という言葉

を藁にもすがる思いで行ってみると、ありました!!入店。2Fでは作家さんの個展が開催されており、ご本人もいらっしゃいました。月下美人黒地を試着されている方がおり、キレイ。そこへ石田節子さん、ラフな洋服姿で登場!元気です。月下美人着物に合う帯を見立てられました。すてきな方でした。

その後、夜の部へ突入。
お通しは数の子。白ワインと。
白身中心のお刺身。普通のお刺身。トロがおいしい。目の前で用意してくださる職人さんとNHK「スタジオパーク」の話題、柳沢慎吾のゲストの時の話で盛り上がる。夜7時ニュースアナウンサーがバラエティアドリブしました。
筍の味噌漬け焼き。 万願寺唐辛子。 かんぴょう巻き。
ネギトロとしじみ赤だし。

アップルパイ。

…まだ食べるんかい。

懐かしい感じのガード軒先。
ストーブでなんとか暖かい。
ヤナセの店があり、ショーウィンドウがかわいく撮影。車以外にも子どものおもちゃなど売られています。ぬいぐるみはなんとベンツマークの車に乗っています。小さな子どもなら十分乗
れそう。小さなスマートカーも奥に陳列されています。子どもがらみで集客を狙っているのかな。
新橋から都営浅草線に乗り1本で帰宅。Wing号に乗り換えずにすみ、ラッキー。
1/29 週後半は天気崩れ気味

テーブルの上に猫のようになっているR。視線の先は授乳中のお母さん。羨ましいんだろうな。でも、こんなしっかりした歯がはえていたらもうおっぱい飲めないね。

食わず嫌い、小栗旬と志田未来ちゃん。15才の志田未来ちゃんのおみやげはどこでも売っているような大学芋スティック。素朴。冷やしトマト、嫌そうな顔して食べる。演技してる。そしてしっかり観察のためか眼鏡をかける。そのかいもあり1回目で小栗旬の嫌いなラムチョップを当てる。(前回の苦手はマンゴーだったそうです。とってもおいしいのに。)志田未来の苦手は鰯の梅煮…。というか、梅干が嫌いだそうだ。梅干だけ食べてください、というリクエストはなかった。ノリさんチーム甘かった。

1/28 快晴なのに寒い。

本日JAで買いたての里芋はねっとりとしておいしい、ヤリイカと煮付ける。たっぷり袋に入った里芋は160円。田舎暮らしはお得です。濃い口醤油系で。一方、初物筍ごはん。こちらは薄口系です。熊本産の筍。初物なので仏壇に供える。

NHK夢の三大シェフ共演競演の日。阿部なをさん、料理。それにしてもいまだにアルミ鍋使ってるな〜。使いやすいけれど、よく今までアルツハイマーにならなかったもんや。

1/27 ソイ≠大豆とR
スーパーで「ソイ」という魚を売っていたので購入。一尾398円。3年前、那珂湊の市場で煮魚でいただいた…確か高級魚でした。脂がのっています。おいしい。リピート印。
そしてRぼうや!チョコアイスをご機嫌で食べています。右手のアイス、かなり溶けてい ます。おまけにまだ食べてもいないアイスをそばに置き、それがどろどろに溶けていま
す。それを取り上げられ、泣く泣く…。(弟の移動用ベッドでどっぷりあぐらをかいてる。ひよこのふとんがかわいそー。
)口の周り、どうにかならないの〜?!口の周り拭かれるのを待ってもらって撮影!くくっ。
喜怒哀楽を素直に表せて幸せだにゃ〜。
1/25 きれいな夕焼け。マジックアワー撮り忘れる。
朝、一面霜。快晴。洗車などをしてみる。みずから洗車など十数年ぶり。夕方、母と散歩へ。じょじょに日がのびている。それでもあっという間に日が落ちていく。なんと母は、湖畔にて15年以上ぶりにばったり知り合い(88才の方)に再会。偶然に感謝。朝青龍優勝。内舘さん(入院中?)、過去の人、と言っていましたが、みごと撥ね返しました。
---フランス西部ビアリッツで開かれている第22回国際テレビ映像祭(FIPA)のルポルタージュ部門で24日、NHKスペシャル「激流中国」の「病人大行列−13億人の医療」が最高賞の金賞を受賞した。同映像祭で日本の作品が入賞するのは初めて。---2008年6月15日放映。確かにおもしろかった。世界に向けて中国の内情が日本のTV局によって暴かれるというのは中国にとってどんなものなのかな。やっぱり苦虫を噛むって感じ?
1/24 まさか初雪。
冷え込む。午前中初雪です。ぼたん雪が降りしきるも積もることもなく午後からやむ。
24日「みちしるべ」1983年のNHKドラマを見る。鈴木清順、加藤治子がロードムービーの如く、ワンボックスカーで旅する。加藤治子はリューマチで車椅子。夫婦喧嘩あり。叩き合う。が、まさに犬も食わないヤツ。貸家を見つけ、妻が「ここに住んでみたいわ。」と言う。夫、「ここに住んで昔話ばかりして暮らすのか!」と反論。からだが不自由だからこそ移動の生活を楽しむことがより重要なのでしょう。25年も前にこのようなドラマが作られていたとは。カメラのアングルは素人っぽく、現実味を感じる。加藤治子に色気があり、あるように撮っている。今、酸素チューブを着けた鈴木清順を訪問。1983年以前に実際、鈴木清純は既に妻(現:故人)とこのような旅に出ていたとのこと。今なら、道の駅もたくさんあったろうに、当時は国鉄の駅横に駐車したり、海のそばに駐車していたり。釣りにでかける夫に「値札のついた魚釣ってこないでよ。」と妻。日が落ち始めやっとやっと小ぶりながら鯛を釣る。ああ、こうなると妻はもう…。
中国産の冷凍餃子、問題になりましたが、中国国内回収横流しで体調不良の人が出たとのニュース。日本向けの冷食はありがたがられたのか。

1/23 春近し?

「おくりびと」アカデミー外国語映画賞にノミネートされたという報道。本木雅弘、山崎努最高でした。TBSはスポンサーだったようで、盛んに宣伝する。本木くん、この頃露出度ないけれど久しぶりに会見。かなり出演作品を絞っているのでしょう。達筆披露。今年11月から「坂の上の雲」ででてくるらしい。まだまだです。
本日3月の陽気。植物園まで歩いて往復する。透き通るような蝋梅の花びら。黄色は好きな色。

1/22 カロリー考
NHK「ためしてガッテン『低カロリーダイエット 失敗と成功の分岐点」』1日1500キロカロリー摂取でダイエットを可能にさせるためのポイントです。十分な糖質(1食につきご飯1杯分相当と果物orイモ類)をしっかり摂りゆっくり消費させること。そうしなければ脳の「飢餓に備える」スイッチがONになり、カロリーを体内に貯めこむようになるらしい。そして、ゆっくり消費させるためには

、野菜、きのこ、海藻(無制限で食べられる。)を必ず食べること。1日少量しか食べないのに痩せられないと聞くのは原因がこのあたりにあったのか。また、外見、痩せていても体脂肪率が高い場合は、このような摂取が原因の一つと考えられる。

「食わず嫌い」中村勘三郎(白子)vs仲間由紀恵(鶏のハツ)。

1/20 霜が降りてる!

朝は冷え込み。夕方久しぶりの夕焼け。

食欲低めの母に合わせるとどうしても1日2食スタイルになりがち。一食一食を充実したものに。朝は卵料理、その他、前日の残り物、漬物で一汁三〜五菜を目指す。たんぱく質をしっかり摂るように。
BGMは国会中継。法務大臣のふてぶてしさ。質問向けられた時、一度はトイレ行ってるしぃ。派遣切り、失業対策に対し厚労省大臣はまずハローワークに行ってください、生活支援、住宅斡旋、生活保護が必要であれば案内できる、と言う。厚労大臣なりの返事。総理もまたハローワーク行ってください、と言う。ハローワークにさえ行けば仕事が見つかると思っているらしい。意見を求められると、総理の立場からでなく、企業の社長の立場から主張するのは何なんだかなー。

1/19 まったり月曜日
朝は雨、次第に晴れ間が射し、3月下旬4月上旬のぽかぽか。気温15度を越す。近所に写経をさせてくださるお寺さんがあるとかで、電話連絡入れるもつながらず状況確認と訪ねてみるも普通の一軒家、庭に本堂をつけたような感じ。お宅のほうもあまりお手入れが行き届いておらず・・・。やめておこう。ホームセンターでシクラメン購入。半額以下になっていました。右側の花びら周囲がちりちりになっているのはこの頃のはやりの品種。夕方過ぎ花をつけた茎が傾き始めたとかで母がしっかり支柱を添えていました。
→「あま鯛開き」さんです。 魚焼グリルまるまる占拠。1500円。さすがにおいしい。
昼ワイドショーでは沢尻エリカの神前結婚の様子を伝える。やっぱり美しい〜。高城氏年収5億円?と伝えられる。だよね〜。独身主義者であったが、エリカ様との出会いで独身主義返上。ハーフゆえに和装の結婚式にこだわったのでしょう。石田節子 らくやでの着物レンタルは50万円ほどとか。石田節子さんは以前「情熱大陸」に出ていましたネ。吉永小百合シャープのCM薄紫のお着物を用意していました。昭和初期の打ち掛けの金糸銀糸の手刺繍の鶴は新婦に負けておらずお互い引き立てていました。 夜SMAPSMAPで石川遼くん、来店。17才でこの落ち着き、堂々ぶりは何なのでしょう。体脂肪率8%前後。肉体改造をしたのかな。娘からフードスペシャリスト合格のニュース。
1/18 まったり日曜日
寒い日曜日。午前中NHKBS2で「東京キルトフェスティバル」の中継を見る。NHK女性アナウンサーと女性タレント2人が会場を案内。今回のテーマ、森と海、赤毛のアン、アーミッシュの作品などなど。日本のキルト作家のブースでは三浦百恵の作品も紹介。今回募集のモチーフは★。ただ単純に作品を見せてくれればいいのに、作品に気持ちがこもっている、願いをこめて作って
いる、というどうでもよい解説が入るのは何なのか。途中眠ってしまう。3月末に閉店予定の西友リビンへ。静かな喫茶店へ。焼そばの写真を撮っていたら、友人が私のラーメンを撮ってほしいとのことでパチリ。焼そば食べている途中ゴミを発見。それ以降食べられず。お店の人に言うと「すいません。」だけ。「作り直しましょうか。」と言わず。

喫茶店の上海焼そば。

葱味噌ラーメン。 夕餉大根茶碗蒸しに挑戦。 肉じゃが。
1/17 マルコメR
先週は堀切ジャンクション付近、早朝ひたちなか高速路面凍結で玉突き事故のニュースあり。ちょっと遅め午前中水戸へ移動。Rがマルコメくんに変身。弟に遠慮気味?恒例の墓参り。海の近くは他県ナンバーの車多く、高速乗り口も渋滞。「5つの味噌ラーメン」という売り込みのあるラーメン屋「味噌工房 瑞蓮」で醤油ラーメン。600円。次に行く時は味噌味を試してみよう。赤味噌、北海道クリーミー味噌、激辛などあり。母、眼鏡を忘れる。電話したら保管しているとのことで取りに行かなければならない。
1/16 川崎ラゾーナ

遅ればせながら川崎ラゾーナデビュー。JR川崎から直結しています。川崎のイメージを覆すショッピング街です。京急川崎駅からの地下道などさびれていましたが、ラゾーナ側は活気あり。年末?には羞恥心のイベントも行われました。

都内で買うしかなかった堂島ロール発見!ロールの中はひたすら生クリーム。娘、初堂島ロールに喜ぶ。更にクリスピークリームでも並ぶ。行列中、お決まりの、できたてドーナツをいただく。それ目当てで並び消えた女子高生もいました。賢いのぉ。

沖縄料理屋のレディースランチ。

ゴーヤチャンプル、沖縄そば、ジーマミー豆腐、島ぶどうサラダ、五目御飯。漬物。980円。

堂島ロールの店。5分ほど行列。8人ほど後ろで売り切れに。ぎりぎりセーフ。1日3回販売。
1/5に切りました。1ロール1,200円。

クリスピークリームのドーナツ。1ヶ160円。JR川崎改札階段下りた所。

1/14 ハワイアンキルトのクッション製作中。
数日前TVでキャシー中島がタヒチアンキルトの作り方をやっており、タヒチアンではないけれど、買い置きのハワイアンキルトのセットがあったので作ってみることに。クッションの表面。この後、袋にするにはミシンでダーっと縫いたいところですが、20年以上使っていたミシンが1年ほど前壊れてしまっています。勝手に直っていないかな。切り干し大根煮を作っていたので、それを利用してお焼きを作ってみる。マクロビオテックのレシピだったので地粉使用でしたが、ないので普通の薄力粉で作ってみる。あんこのお焼きも作ってみたかったなー。
1/12 今日が成人の日

成人の日の式典が行われたのが全国様々、昨日のところもあり、でも今日こそが暦の上では成人の日。今日の夜になってもTVで、成人式の着物の宣伝を流しているのは、早くも来年に向けての商戦に入ったのでしょう。朝刊でハンカチ王子成人式の写真。ユニフォーム・Wのキャップ姿は見慣れているけれどスーツ姿のハンカチ王子は…。娘から教えてもらわなければ気付かずただの成人式写真と、見逃すところでした。
NHK教育テレビ今日の料理などを見る。節約料理がテーマ。五目ごはん、炊き上がったご飯に具材を混ぜる混ぜご飯。女性料理人のさわさわとしたしゃもじの動きになんとなくいらだち始める私。次は、ツナとわかめのオムレツ。テフロン加工が取れてきているフライパンなのか、シャカシャカ、菜ばしで卵をまとめようとするがスクランブルエッグ状態。これまた落ち着きのない動き。

どうにかまとめくるっとひっくり返そうとするが失敗。するとカメラの位置よりフライパンを高く持ち上げカメラに写らないようにした?品のない料理のしかただった。
夕方、フジスーパーニュース、安藤優子vs麻生太郎。バックに支持率の赤文字。質問に難なく答えているのだが、的外れな答えを出しているのでもないのに、どこかポイントがずれている、全く心に響いてこない首相の発言。どうやら支持率低迷は「こんなにやっているが、それをうまく表現できていないから。」というアピール不足に拠るものと思っているらしい・・・。椅子に重役座り。漢字の読み間違いは老眼のせいにしていましたね。
娘、国家試験に向けて最後の模試。子どもの成長の具合に関する問題。2才のRのおかげで解けたとか。本番でもでてほしい。

1/11 料理講習会at豊洲

連休中日、成人の日です。とてもよい天気。今日は知人のNさんの、東京進出料理講習会へ。娘さんご夫婦のマンションのキッチンをお借りして料理を習います。18階リビングからの眺め。肉眼では中央に富士山が見えていました。東京から富士山、とは贅沢です。
Nさんは十勝の名産品を自分のお料理に取り入れ、また雑穀・豆に造詣が深くとても健康的でおいしい料理を生み出しています。
ウエルカムティで黒豆茶、黒豆酢煮を味わいほっとしたひと時。いよいよ調理へ。 わずか5人の生徒、レベル素人さんから様々まで丁寧親身に教えてくださいます。本日のメニューは以下の通り。
1.黒米とさつまいものご飯
2.雑穀と根菜入りけんちん汁→定番メニューですが丸秘ポイントあり。

3.ゆり根と赤ピーマンのかき揚げ→白玉粉を入れるのが秘訣。

4.オイルサーディンのサラダ→簡単だけれど人気あり。そしてドレッシング!酢が強くなくまろやか〜。

5.トマトサラダ

6.ほうれん草を摺りエゴマ和えて→珍しいエゴマ。韓国でキムチや焼肉でエゴマの葉はいただきましたが、胡麻のような粒粒は初めて。

7.昆布早煮→実はこういったものが役に立つかも。

オイルサーディンの
カレー粉まぶし焼。
一方、ゆり根を洗って1片1片はがしていきます。立派なゆり根です。 黒米とさつまいものご飯。オリーブオイルをたらすのがポイント。
けんちん汁のだしは昆布と椎茸から。1晩つけておいて煮出すとこんな風味のついた黄金だし汁へ。 Nさん愛用の仙台麩を油揚げの代わりに使用。仙台麩、初めていただきます。横浜に売っているとの情報。 小口きりの葱にごま油をまぶし、火をつけます。クリステルの鍋。
白福豆もけんちん汁に入れます。 太っちょのはと麦茹でたもの、牛蒡、れんこん、長芋、仙台麩入れ、味を整え、完成。 かき上げの衣はなんと、小麦粉、片栗粉(十勝産)、白玉粉と水で作ります。卵なしの衣です。
ゆり根、パプリカ(千切り)、
三つ葉を入れて。
ご飯が炊き上がりました。 蒸らします。
揚げ物もクリステルの鍋3cmほどの油で揚げます。カラッと揚がりました。 料理ができました。器は帯広からわざわざ運んできたものもあり。 だしに使った昆布も千切りにして圧力鍋で煮て、醤油・オリゴ糖で味付けして立派な一品に。
これまた帯広で焼いてきてくださったフルーツパウンドケーキ。しっとり。(なぜに断面を撮らなかったのか?) 十勝のお酢を試飲。金時豆、長芋から作られています。金時豆のものは粘性あり。長芋は酸味強い。 十勝産のトマトを使ったDEAN&DELUCAのトマトジュースとNさん母手作りの柚子唐辛子粉。

料理教室講師ベテランのNさんの進行で楽しい料理教室。包丁、まな板、水切り、鍋など使い勝手の良いものがあり、とても参考になりました。雑穀について、初心者のためいろいろ質問をしました。お豆、雑穀、使いこなせるようになると、料理のレパートリーも増えそうです。からだにもいいしね。
おみやげ、雑穀米、金時豆、紅しぼり豆(別名おいらん豆)をいただきました。満腹、満足で豊洲撤収です。
それにしても、たいへんな荷物を抱えながら数百キロの移動の料理教室に脱帽です。

1/10 タテル ヨシノ レストラン

ずっと行きたかった「タテルヨシノ」です。その間、三ツ星も獲得していたようです。本日は汐留、パークホテル25Fへ。なんと数年ぶりのHさんと再会です。彼女とのお付き合いの始まりは…25年も前。久しぶりの再会で昔話に花が咲きます。専業主婦だった彼女もいまや料理研究家の元で楽しく働いているとのこと。ワインを傾けながらとっても楽しい6時間でした。(その後も駅ビル

などで飲み続けました。)とても明るく暮らしている姿に感心、感動しました。なぜかNHK「ちりとてちん」の話題で盛り上がる。レストランで誕生日祝いを受けていた女性がいました。Happy Birtheday to you♪のメロディ音が蝋燭のついたケーキ皿のあたりから流れ…。他のテーブルの人たちもいっしょになっておめでとうの拍手。心ほんわかしました。

エビの皮包み ごぼうスープ。あさり入り。 サーモンのミ・キュイ(半生焼き)
クレソンソースで。
うずら肉 赤パプリカのクレーム・ブリュレ チョコケーキ
コーヒーとおまけ エレベータから外観を撮影。 おみや。台所スポンジですが
ボディスポンジでもOKとのこと!
1/8 食わず嫌い

瑛太の食わず嫌い。前回、甘酒。今回はほや。「篤姫」小松帯刀役ででさらにブレイクし、1月からのドラマで主演。そのまま石橋とオセロ対決へ、1時間ジャック。

1日ネットで5戦ほどしているとか、解説者のサイトでも対決にくるとか。相手に置けるところを無くさせる。オセロ大使になれるかも。

1/3 NHK 「ベス・チャトー 荒れ地で育(はぐく)む奇跡の庭」

イングリッシュ・ガーデンの本家、イギリスの東南部エセックス州に「世界一のプランツ・ウーマン」と呼ばれるカリスマ・ガーデナーがいる。ベス・チャトーさん(85歳)。庭作りを始めて半世紀。雨が少ない乾いた土地で水やりを一切しなくても1年中ダイナミックな美しさを保つ「奇跡の庭」を作り出してきた。自然環境に徹底して寄り添い、生物本来の力を引き出す彼女ならではの技と庭の四季、そして庭に刻まれる人生を見つめる。(番組HPから引用)

世界にはたくさんのガーデナーがいて、どんなかを知ることができるのはうれしい。自然環境との折り合い。庭の湿地、世界各地の湿地に合う植物を植える。元駐車場の砂利地、世界各地の乾燥に強い植物を植える。夏、雨が降らず、これ以上水やりをしなければ枯れてしまう…、試練。そして数日後の雨。踊りたくなるほどの歓喜。地球温暖化の中、ガーデナーは哲学の領域で考えを巡らさなければならない。

乾燥に強い植物を世界各地から。

花は散っても葉は残る。
葉の形を考慮し設計。
日本の生け花の調和、バランスを造園設計に取り入れる。
1/1 夢振る舞いのあと
起きてすぐ寺へ。新年迎え夜中炊き出し振る舞いでもしていたのでしょう、ダルマストーブの上におでんの鍋の名残り。蓋がしてあったので覗いてみました。飲み物、空き缶、お煎餅などまだ片付けられておりませんでした。
午後、初詣に。人々々・・・。ペットを連れている人も多い。ウェア着用のワンちゃんが多い中、紋付袴、正装のワンちゃんを発見。紋所は「一」かと思ったら骨印。行列に並ぶと軽く30分は参拝までかかりそう。ということで近所の神社に鞍替え。兄妹エレベーターの前で急にじゃんけんしたと思ったら、負けたほうがダッシュで階段を上る。負けて階段上った兄が勝つ。妹が兄をおんぶ、意外としっかり持ちこたえる。近所の神社、誰もおらず、お参りすませました。妹のおみくじ、大吉でした。決戦は3月!!
元旦
2009年です。こんなに寒いのに梅が咲いていました。20年以上ぶりの偕楽園の梅です。ふくらんだ蕾もあり、今年は梅まつりに行けるかな。
凧揚げをするじぃさん、しかし肝心の凧が見えない!凧、ずーっと、ずーっと先なのかな。普通に凧揚げしている人の凧は見えるのに!
今年、よい年になりますように。
pageup