HOME    diary FILM  BEADS   野菜ビジュー   エコ学   漢方   料理本
「Weaving the world」(2017)上映会(2020/02/03)
代々木上原 旅とテキスタイル@「ハコギャラリー」映画上映

「Weaving the world」(2017)フランス人監督による5部作上映会

http://www.isabelledupuychavanat.com/02-filmplayer.html

日本、モンゴル、インド、ラオス、チベット、5国のテキスタイルのストーリーが綴られた、それぞれ50分の中編映画。伝統工芸、モードがテーマ、人々の日常やその土地の風景の描写。 映像がドローン撮影を含めきれい。

1.チベット・ヤクウール Norlha

2.ラオス・シルク織り工房

3.インド・ムンバイ オートクチュール刺繍

4.モンゴル&ネパール・カシミヤ

5.日本・西表島 自然布「紅露工房」石垣昭子さん

1.チベット・ヤクウール Norlha

父がチベット人、母がアメリカ人、娘がチベットにヤクウールに惚れ込み、清き場所に工房を建てる。映像を仕事にしてきているため、テキスタイルを現地モデルに着せての展示紹介も優れている。イケメンモデルも登場。

2.ラオス・シルク織り工房

ラオスからフランスに移住した2世がラオスに里帰りした時に甦る思い、祖母の織物…、ゆかりの職人を訪ね、ラオスの織物を広める人に。

3.インド・ムンバイ オートクチュール刺繍

楽しみにしていたインド編、ムンバイ1500万人都市人口の中刺繍生業人口5万人600もの工房。刺繍のための市場はほとんどムスリム人、工房に勤める人々(男性)はほとんどムスリムだがヒンディもいる。刺繍職人は日当か週払いで身分低い。身分低く、タクシードライバーのほうが楽。延べ何百時間かかった刺繍、ビーズ刺繍されたパターンは、工房からパリの縫製へと回る。イタリアベニス出身の社長は職場の改善をしている。

4.モンゴル&ネパール・カシミヤ

モンゴルで刈り取られたカシミヤはネパールで織られる。ドイツ人のクリストファーはモンゴル人を妻と結婚し、今回は11歳の娘を連れ、モンゴルを訪ねる。ブリーダーのモトとは20年来の付き合い。カラコルム、-50℃のカシミヤ山羊。カシミヤのランクA〜D、とにかく質にこだわる。ネパールに送られたカシミア、糸飛びを一つ一つ直していく作業。冬期は薪も無くなり動物の糞が薪代わりになる生活。

5.日本・西表島 自然布「紅露工房」石垣昭子氏

竹富島出身の石垣さんは、東京で大学時代を過ごし、京都で志村ふくみ氏のお弟子さんに。1980年春、夫の金星さんと共に西表島に紅露(くうる)工房を設立。紅露とは西表の山に自生する植物で、染めると美しく渋い赤茶色になる。西表には何でもある。布を作ることは当たり前。黄色はフクギから。

ハコギャラリー、今日はチーズ販売/サント草原の恵み

今日の上映スケジュール

 

西表島の染織家石垣昭子、山本眞人共著の本「西表島・紅露工房シンフォニー」

映画上映スペース

間口の窓